2016年10月27日

ワールド オブ ファイナルファンタジー その1

公式サイト

どうもパッとしない。

装備やジョブが無い代わりに、モンスターを装備する、
という感じのゲームだけど、成長要素が一本調子に感じる。
装備の新調や、ジョブによる役割、という別の軸によるメリハリが無く、
全てレベルアップによる成長になっている。

即時性が無く、融通が利かない。
ちょっとブリザドを使いたいだけでも、そのモンスターをパーティに入れて
ノセノセを組み直さないといけない。
白&黒魔道士がある程度の魔法をカバーしてくれるような、
従来の『FF』 の便利さは無い。
フィールドスキル持ちを補欠枠に入れておかないといけないのも、
窮屈に感じる。

要するに、ジョブを複数のモンスターに割り振った結果、
どのモンスターも薄くなってしまった。

『FF』 キャラが出てくるけど、出てきたからどうだ、という気がする。
チョイ役で出てきても印象に残りやすいぐらい。
そのキャラが面白かったのは原作であり、直接この作品が面白くなるわけじゃない。
ココロクエストという番外編イベントも、存在意義を見出せない。
「ウォーリアオブライトを気に入ったゴブリンプリンセスがセーラ姫をさらう」
という内容だったりするんだけど、それに何の意味があるのか分からない。

第一印象のオススメ度は5。
ジェムケースの上限が150で、全種類のモンスターをキープできないっぽい。
モンスターを捕獲していくとどこかで詰まると考えると、
少しストレスかもしれない。
posted by あらた at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177442518

この記事へのトラックバック