2017年09月28日

限界凸城 キャッスルパンツァーズ その1

公式サイト

国を追われた皇女、モンスターが仲間になる、拠点要素、と
好きな要素が3つ入っているので、やってみることにした。
思うように動けず、難しい。

移動範囲や攻撃範囲が狭いわりに、敵が魔法無効や
キラースキル(対象スタイルに対して与ダメ+50%、被ダメ-50%)
を2つ持っていたりする。
移動範囲が足りなくて、相性のいい敵に味方をうまく合わせられない。
マス目タイプのフィールドじゃないので、味方で壁を作れないし、
敵の移動範囲や攻撃範囲もよく分からない。
正直、マス目タイプの方が遊びやすいと思う。

ステージクリア時の評価がプラチナ評価じゃないと
モン娘が仲間にならなかったりするけど、それが難しい。
1回クリアしたステージを再プレイする機能があるけど、
オーバーキルでポイントを稼いでも、まだ足りなかったりする。

カスタマイズ感はイマイチ。
装備が下着しかない。
それもスキルが付いているだけ。

パワーアップの際に、お触りの儀式がイチイチ必要で面倒くさい。
レベルアップ、下着のスキルの修得、未鑑定アイテム(卵)の識別、
仲間になったモン娘から下着を貰う、など全部で作業が必要になる。
もうちょっと使い所を絞って、見せ場感を演出した方がいいと思うんだけど、
どうなんだろう。

お姫様の人柄はイマイチ。
みんなのために投降する、とか言いだすキャラ。

第一印象のオススメ度は3。
『シャイニング・ブレイド』 ぐらいのプレイ感覚を期待したんだけど、
移動が窮屈、カスタマイズ感が乏しい、お触りの儀式が面倒、
とかなり遊びにくい。
変に遊びにくい要素を入れずに、もっと普通で良かったのに。

■初回特典
ウィッチスタイルで、スキルはDEF3%アップ。
通常は下着に付いているスキルはキャラが修得できるけど、
これはできない。
正直、ダウンロード版を買った方が良かった。
posted by あらた at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181130158

この記事へのトラックバック